家計簿はつけていませんが、毎月使う食費や雑費に関しては、使い過ぎを防ぐために自分なりのルールで管理しています。

金銭管理する上での自分なりのルール
金銭管理する上での自分なりのルール

家計簿はつけていませんが

家計簿はつけていませんが、毎月使う食費や雑費に関しては、使い過ぎを防ぐために自分なりのルールで管理しています。私が決めているルールは、1回のお買い物で使う金額の上限を決めておくことです。

スーパーに行くと、特価品や、美味しそうなお菓子や果物が目に止まって、ついついたくさん買ってしまいますが、上限を決めるようになってからは、そう言う衝動買いが無くなりました。
毎週、買い物に行く曜日も回数も決めているので、1回の上限さえ決めておけば、1ヶ月の食費も一定額に収めることができます。シャンプーなどの日用品を買いに行く時も、つい余分な物まで買っていましたが、上限額を決めてその分のお金しか持って行かないようにしたら、無駄遣いがかなり少なくなりました。

この1回いくらまでと言うルールのお陰で、家計簿を付けなくても、毎月の出費を上手く管理出来ています。金額が限られていると、必要な物だけを買うようになり、余計な物も買わなくなったので、食材のロスもほとんどなくなりました。

私は、家計簿を付けるような細やかな性格では無いので、このくらいのアバウトなルールの方が守りやすいのです。
大雑把なルールにも見えますが、それでも、1ヶ月間のお金の出入りはちゃんと管理できています。

Copyright 2017 金銭管理する上での自分なりのルール All Rights Reserved.