老後のために少しでもお金を残しておこうと思い、自分なりにお金に関するルールを決めています。

金銭管理する上での自分なりのルール
金銭管理する上での自分なりのルール

老後のために少しでもお金を残しておこうと思い

老後のために少しでもお金を残しておこうと思い、自分なりにお金に関するルールを決めています。まず、返済計画のあやふやな借金は絶対にしない。保証人にもならない。1万円以上のモノを買う時は、必ず家族に相談して了解を得てから買うというルールです。

今までは欲しいものがあれば、お金が無くてもローンを組んで買っていたので、時には毎月のローンの支払いが10万円くらいになっていた時期もありました。
住宅ローンの返済を足すと、給料のほとんどが借金の返済だったのです。
こんな状況では貯金も出来ないので、それからはローンや借金をする時には、まず返済計画を立てて、毎月払える金額を計算することにしました。

無理なら、欲しい商品もキッパリと諦めることにしています。また、1万円以上する商品を買う時は、家族とよく相談することで、本当に必要なものかどうかの判断ができます。そのため、不要なモノも買わなくなり、無駄な出費を抑えることも出来ました。

一応、毎月の食費や教育費などは一定の金額に決めているので、このルールを守れば、毎月ちゃんと貯金も出来るようになったのです。

Copyright 2017 金銭管理する上での自分なりのルール All Rights Reserved.