私は給料をもらったら、すぐにいくつかにお金を分けて管理しています。

金銭管理する上での自分なりのルール
金銭管理する上での自分なりのルール

私は給料をもらったら、すぐにいくつかにお金を分けて管理しています

私は給料をもらったら、すぐにいくつかにお金を分けて管理しています。
例えば、給料が20万円だとすると、そこから家賃、カード支払い、光熱費支払いなど、絶対に支払わなければならないものを先に差し引きます。そして、残った金額のうち、4万円を生活費としてお金を下ろし、「生活費」と書かれた封筒に入れて管理します。
残ったお金は銀行通帳に残さず、貯金専用の通帳に移し変えます。こうすることで、給料が入っていた通帳の残高をほぼゼロにして、無駄なお金を使わないよう、使途不明金が増えないように管理しています。こうすれば、貯金もきちんとでき、4万円の中で生活しようと工夫することができます。
勿論、冠婚葬祭など絶対に必要になったものは、貯金通帳から引き出すようにしていますが、それ以外は出来るだけ生活費の中から工面できるよう、1ヶ月の食費や日用品代を大まかに概算し、レシートを残し家計簿を付けて、無駄を最小限にすることで、貯金通帳に手を付けずに1ヶ月を過ごすことができるようになりました。

Copyright 2017 金銭管理する上での自分なりのルール All Rights Reserved.