毎月、封筒を準備して、そこに金銭管理に必要なものを入れています。

金銭管理する上での自分なりのルール
金銭管理する上での自分なりのルール

毎月、封筒を準備して、そこに金銭管理に必要なものを入れています

毎月、封筒を準備して、そこに金銭管理に必要なものを入れています。クレジットカードを使用したメモを書いた紙と、財布に入れて持ち歩かない現金を入れておきます。そして、週に1度レシートを整理して、その結果を封筒に全てメモしておくのです。
食費、生活雑貨、車などと項目を封筒に書いて、内訳をメモします。そして、給料日の前日に家計簿をつけるのですが、家計簿にはざっくりした内訳だけを書いて、すっきりした家計簿にしています。
家計簿に書く内訳は、食費なら外食費、惣菜費、飲み物費、お菓子費、その他食費と言った感じにして書いておきます。すると、その他の食費は大抵最低限必要なものなので、どこで無駄物買いをしてしまったのかが一目で分かります。こうすることで、シンプルながらも必要なものはしっかり書いてある家計簿になります。
週に1度、封筒に内訳を書いておくことで、今月は食費がけっこう多くなっているから後半は控えめにしようと意識することができ、自然と節約できています。この方法なら負担にならず、家計簿をつけることでしっかり金銭管理できるので、必ず週に1度はレシートを整理して封筒に内訳を書くのは、私のルールとして厳守しています。

Copyright 2017 金銭管理する上での自分なりのルール All Rights Reserved.