金銭管理する上での自分なりのルールとして、なるべく万単位のお金は銀行に入れておくことです。

金銭管理する上での自分なりのルール
金銭管理する上での自分なりのルール

金銭管理する上での自分なりのルールとして

金銭管理する上での自分なりのルールとして、なるべく万単位のお金は銀行に入れておくことです。

1万円以上のお金を自分で持っていると、少しくらい使ってもなくならないだろうという錯覚に陥ることがよくあります。100円単位のジュースを買うために、小銭がないので1万円を崩してしまうことがよくありますが、この100円のために崩れた小銭と9枚の千円札で、非常にお金持ちになったような感覚になり、毎日ジュースを買ってしまうという経験がありました。
まさに。この感覚こそが浪費につながっていくのだと思いました。

では、どうしたらこの感覚をなくすことができるのかを考えた時、1万円札を持たないという結論に至ったのです。
ですから、私はどうしても必要な時以外は1万円を降ろさない、というルールを決めています。
たとえ残高が万単位のみで、千円単位がなかったとしても、千円単位に崩して降ろすようにしています。こうすることで、実際に使うお金の額が少なくなったのです。

Copyright 2017 金銭管理する上での自分なりのルール All Rights Reserved.