長年、家計簿をつけていると、金銭管理する上での自分なりのルールが出来上がってきます。

金銭管理する上での自分なりのルール
金銭管理する上での自分なりのルール

長年、家計簿をつけていると

長年、家計簿をつけていると、金銭管理する上での自分なりのルールが出来上がってきます。私のルールは、食費や住居費、光熱費などの、1ヶ月ごとの最大使用限度額を設けていることです。

食費は5万円までで、住居費は1万円までと決めています。とはいえ、主人は食べることが人一倍好きなので、主人の大好物が売っていたら、多少高くても買ってしまうことがあります。そのため、少しくらいオーバーするのは許容範囲にしています。
それから、毎月最低2万円のへそくりを、家計から捻出しています。このへそくりは、勿論主人には内緒です。
主人が家計簿を見ないのを幸いに、へそくりとして毎月最低2万円を計上しています。そして、家計簿は金銭の出し入れがあった当日に、必ずつけるようにもしています。
また、月ごとの収支計上をすると、千円くらい現金と家計簿の残が合わないのですが、それについては不明扱いしています。会社や銀行ではないので、その辺りはアバウトにしています。これからも家計の金銭管理は、自分なりのルールで行って行きたいと思います。

Copyright 2017 金銭管理する上での自分なりのルール All Rights Reserved.